電子メール装置およびメール処理プログラム

開放特許情報番号
L2012002405
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願2002-081573
出願日 2002/3/22
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2003-281050
公開日 2003/10/3
登録番号 特許第3912154号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 電子メール装置およびメール処理プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 個人との繋がりを管理するための電子メール装置およびメール処理プログラム
目的 ユーザが意識することなく、各知人や友人と疎遠になるを防止することが可能になる電子メール装置およびメール処理プログラムを提供する。
効果 一定期間ご無沙汰している人物へのメールによる連絡がユーザに促されるようになる。
しかも、連絡が最後のメール内容と関連するインターネット情報を伴いユーザに促されることになる。
よって、ユーザが意識することなく、各知人や友人と疎遠になるを未然に防止することが可能になる。
技術概要
特定の個人について最後に連絡した時間を記憶する時間データ記憶手段と、前記特定の個人に関する電子メールアドレスを宛先または差出人とした電子メールを最後に送受信した時間を前記時間データ記憶手段に記憶させる最終時間記憶制御手段と、前記時間データ記憶手段に記憶された時間から一定期間経過したか否かを判定する期間経過判定手段と、この期間経過判定手段により一定期間経過が判定された場合に、当該メールアドレスを宛先として前記特定の個人にメールを出すためのメッセージを表示するメッセージ表示手段と、前記最後に送受信した電子メールの本文からキーワード情報を抽出するキーワード抽出手段と、前記メッセージ表示手段が前記特定の個人に電子メールを出すためのメッセージを表示する際に、前記抽出手段で抽出されたキーワードを基にインターネット上の情報を検索し、その検索結果を参考情報として出力する情報検索手段と、を備えたことを特徴とする電子メール装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 特定の個人について最後に連絡した時間(最後にメールを送受した時間、電話した時間等)を記憶し、記憶された時間から一定期間経過した場合に、当該メールアドレスを宛先として前記特定の個人に電子メールを出すためのメッセージを表示するようにした電子メール装置。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT