データ収集システム、データ収集方法、通信端末、及び、送信プログラム

開放特許情報番号
L2012002381
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願2001-324353
出願日 2001/10/23
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2003-132432
公開日 2003/5/9
登録番号 特許第3991647号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 データ収集システム、データ収集方法、通信端末、及び、送信プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 商品のメーカー等が実施する、当該商品購入者に関連するデータを収集するデータ収集システム、データ収集方法、通信端末、及び、送信プログラム
目的 懸賞応募者すなわち消費者にとっては煩わしさを意識せずに応募可能であって、懸賞実施者、すなわちメーカーにとっては応募者数の増加や購入に関するデータの迅速かつ円滑な有効利用を可能にするデータ収集システム、データ収集方法、通信端末、及び、送信プログラムを提供する。
効果 懸賞応募に適用した場合は、懸賞応募者は煩わしさを意識せずに懸賞応募可能となり、その結果、応募者数の増加が期待できる。
懸賞応募システムに適用した場合を例示したが、これに限定されることなく、リサイクルシステムや、アンケートシステムなど、一度市場に出された商品についてデータを収集する目的で構築されるシステム、及び方法に適用されることはいうまでもない。
技術概要
ネットワークを介して相互に接続される通信端末とネットワークサーバとで構成されるデータ収集システムであって、前記通信端末は、購入された商品に付されている当該商品固有のデータを読み取る読取手段と、この読取手段により読み取られた前記商品固有のデータの数が所定数に達したか否かを判断する第1の判断手段と、この第1の判断手段による判断の結果、前記商品固有のデータの数が所定数に達したと判断した場合、前記読取手段により読み取られた前記商品固有のデータと、前記商品の購入数が所定数に達した旨を示すデータと、前記商品の購入者を特定するデータとを送信する送信手段とを備え、前記ネットワークサーバは、前記送信手段により送信される前記商品固有のデータと、前記商品の購入数が所定数に達した旨を示すデータと、前記商品の購入者を特定するデータとを受信する受信手段と、この受信手段により受信された前記商品固有のデータと、前記商品の購入数が所定数に達した旨を示すデータと、前記商品の購入者を特定するデータとを関連付けて記憶する記憶手段とを備えることを特徴とするデータ収集システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 購入した商品に印刷されているバーコード等の固有の情報を読み取り、この読み取った個数が所定値数(若しくは、所定の購入金額)に達するとこの固有の情報に対応するデータ、所定数(所定金額)に達したことを示すデータ、及び、購入者を特定するデータをネットワークサーバに送信するシステム、方法、通信端末、送信プログラム。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT