情報端末装置、そのシステムオフ処理方法及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2012002374
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願2001-005275
出願日 2001/1/12
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2002-207539
公開日 2002/7/26
登録番号 特許第4265104号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 情報端末装置、そのシステムオフ処理方法及びそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 情報端末装置、そのシステムオフ処理方法、及びそのプログラム
目的 動作不安定状態の発生頻度を低減させる情報端末装置を提供する。
効果 電源オフ時に一旦システムのリセットを行って作業メモリ領域を初期化した後システムを終了させるので、次回のシステム起動後の動作中にメモリ不足で動作が不安定になったり暴走する不具合の発生が低減し、使い勝手が向上して便利である。
システムリセットの前に起動中であった処理ソフトの処理中データと動作状態情報を保存メモリ領域に退避させて、作業メモリ領域を初期化した後に復元するので、電源オフ時にシステムがリセットされているにも拘らず電源オフ直前の状態から作業を開始することができて便利である。
技術概要
電源オフ要求により(S101がY)、プロセス情報を保存メモリ領域に保存し(S102)、各アプリケーションソフトに終了を通知し(S103)、画面表示をオフにし(S104)、各アプリケーションの処理中データと動作状態情報を作業メモリ領域12から保存メモリ領域11に退避させ(S105)、システムをリセットし(S106)、作業メモリ領域を初期化してから(S109)保存メモリ領域11から読み出したプロセス情報(S108)に基づいて各アプリケーションソフトを順次起動し(S109)、処理中データと動作状態情報を作業メモリ領域12に復元して(S110)、システムをオフ処理する(S111)。そして、電源オン要求があれば(S112がY)、システムをオンさせて(S113)、S101の処理に復帰する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 電源OFF時にリセットを実行することにより、システムの動作を安定させる。また、起動後リセット前の状態にもどす。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT