電子機器

開放特許情報番号
L2012002369
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願2001-029935
出願日 2001/2/6
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2002-229674
公開日 2002/8/16
登録番号 特許第4396043号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 電子機器
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 ノート型情報端末機、電子機器
目的 ノート型の電子機器において、レイアウト上有利にスピーカ等を具備できて、コンパクト化に寄与する。
効果 下ケースと上ケースとを開いて内ケースと略同一面となった状態で外ケース内に生じる空間での拡張機能によって、スピーカ音の音量・音質を良好なものにできる。
技術概要
キーボード2を備える下ケース1にヒンジ5で連結した上ケース3は、下ケース1にヒンジ5で連結される外ケース31と、表示部4を有し、外ケース31に対しスライド可能な内ケース32とからなる。下ケース1と上ケース3を開いた状態で、内ケース32の外ケース31上でのスライド動作により外ケース31上に下ケース1との間で空間を生じるように内ケース32を下ケース1に連結する連結部材6を設ける。外ケース31上の下ケース1との間で生じる前記空間部分にスピーカ7を配置する。連結部材は、下ケース1と上ケース3とを開く際に内ケース32を押し、下ケース1と上ケース3とを閉じる際に内ケース32を引くように一端部を下ケース1に他端部を内ケース32にそれぞれ回動可能に連結したアーム6である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 上下ケースを閉じるとスピーカケースが外ケース内にコンパクトに収納され、上下ケースを開くと上ケースの内ケースがスライド動作して下ケースとの間に空間が生じ、付勢手段により、この空間にスピーカが突出して、内ケースとスピーカケースがフラットになる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT