時刻切替装置及び記録媒体

開放特許情報番号
L2012002337
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願2000-087249
出願日 2000/3/27
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2001-272487
公開日 2001/10/5
登録番号 特許第3743821号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 時刻切替装置及び記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 時刻切替装置、コンピュータが読み取り可能な記録媒体
目的 時間切替え時でも時間帯合計を正しい時間配分で印字できるようにし、それにより、時間切替による時間ずれを認識させて混乱を防げるようにする。
効果 現在時刻を所定時間ずらすべき所定の日時に至った際に、現在時刻を上記所定時間ずらすと共に、そのことを、売上データを印字した用紙に対しメッセージ印字をするようにしているので、時間切替え時でも時間帯合計を正しい時間配分で印字でき、それにより、時間切替による時間ずれを認識させ、混乱を防ぐことができるようになる。
技術概要
現在日時を計時する計時手段と、計時手段で計時している現在日時が、所定の日時に至ったか否かを判別する第1の判別手段と、第1の判別手段により上記所定の日時に至ったと判別された際に、上記計時手段における現在時刻を所定時間ずらす現在時刻変更手段と、計時手段での計時結果に基づいて、上記現在時刻変更手段により現在時刻を所定時間ずらしてから所定時間が経過したか否かを判別する第2の判別手段と、第2の判別手段により上記所定時間が経過したと判別されるまで、売上データを印字した用紙に対し、現在時刻を所定時間ずらしたことのメッセージ印字を行う印字手段と、を具備することを特徴とする時刻切替装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 所定日時に至った際に、現在時刻を所定時間ずらすサマータイム機能を備えたもので、所定時間ずらした場合に、そのことを一定時間が経過する間はレシート等にメッセージで印字する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT