計算装置

開放特許情報番号
L2012002320
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願平11-122698
出願日 1999/4/28
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2000-311142
公開日 2000/11/7
登録番号 特許第4135257号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 計算装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 計算装置
目的 複数の単位の数値についての演算を容易な操作で実現するとともに、その演算の結果を複数の単位で容易に確認することが可能な計算装置を提供する。
効果 入力された数値や、被演算数と演算数との単位が同一の数値の演算、または被演算数と演算数との単位が互いに異なる数値の演算の途中結果や最終的な結果等の演算結果がそれぞれ換算されて複数の単位で並列的に表示されるので、入力された数値や演算結果を複数の単位で同時に確認することが可能となる。また、入力された数値や演算結果を複数の単位に換算して表示させるために特別な操作をなんら要しないので、複数の単位が混在した数値について演算を行う場合の操作が容易となり、使用しやすい計算装置を提供することができる。
技術概要
入力部3の各種キー操作により数値や演算種などの演算に関する情報が入力される毎に、CPU2は設定されている演算状態を判断し、演算状態に応じて、入力された数値や演算種等の演算に関する情報について所定の演算等の処理を実行し、入力された数値及び演算の途中結果または最終的な結果を他の単位に換算して複数の単位で並列的に表示させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 「複数の単位の中から1つ単位を指定する単位指定手段」と、置数があったときに、初期状態か、加減算キーの操作後か、乗除算キーの操作後かを判断する「状態判断手段」を設け、複数の単位が混在した四則演算を実行し、各単位での演算結果を同時に表示するようにした計算機。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT