携帯端末装置及び記録媒体

開放特許情報番号
L2012002318
開放特許情報登録日
2012/8/15
最新更新日
2012/8/15

基本情報

出願番号 特願平11-107967
出願日 1999/4/15
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2000-307510
公開日 2000/11/2
登録番号 特許第4016528号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 携帯端末装置及び記録媒体
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 携帯端末装置及びこの携帯端末装置に用いられる記録媒体
目的 使用者が簡単な操作によりメッセージと複数の送信先とを入力設定するだけで気軽に該メッセージを配信することが可能な携帯端末装置及びこの携帯端末装置に用いられる記録媒体を提供する。
効果 使用者が簡単な操作によりメッセージと複数の送信先とを入力設定するだけで気軽に該メッセージから告知データを作成し、自機にアクセスしてきた発呼先に対応して自動的に配信することができる。自機にアクセスしてきた発呼先の種別に対応した、音声、文字テキスト、画像等の告知データを選択的に配信することができる。
例えば発呼側の携帯端末装置が位置登録している基地局の認識情報により自機とのおおよその距離を判断し、その判断結果に応じて内容の異なる告知データを配信することで、より適切な内容の告知データを配信することができる。
技術概要
双方向の通信手段と、予め通信先の認識情報を複数記憶しておく記憶手段と、この記憶手段で記憶した通信先の認識情報を複数含んだ告知データを作成するデータ作成手段と、このデータ作成手段で作成した告知データに含まれる複数の通信先の認識情報に対応した、上記告知データの送信の有無をチェックするためのチェックリストを作成するリスト作成手段と、上記通信手段により自機宛ての着信があった際に発呼先の認識情報に基づいて上記チェックリストを参照し、対応する認識情報がリストアップされており、且つ上記告知データが送信されていなかった場合にこれを判断する判断手段と、この判断手段の判断結果に基づいて上記発呼先に上記告知データを送信し、上記チェックリストの該当する通信先の認識情報に対して、上記告知データの送信済を示す情報を付加設定するデータ送信手段とを具備したことを特徴とする携帯端末装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 グループ間で送受信される告知データを受信すると、この告知データに含まれる認識情報(実施例ではCS−ID:基地局情報)に基づいてこの告知データを送信していない他の端末へ告知データを送信する携帯端末装置。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT