イメージセンサ装置

開放特許情報番号
L2012002269
開放特許情報登録日
2012/8/8
最新更新日
2012/8/8

基本情報

出願番号 特願平10-285724
出願日 1998/10/7
出願人 富士通株式会社、富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2000-115457
公開日 2000/4/21
登録番号 特許第3624105号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 イメージセンサ装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 紙またはプラスチックシートに印刷された文字やマークを読み取るイメージセンサに適用して有効な技術
目的 読取窓の白濁や損傷を防止し、読取窓を長寿命化させるとともに、読取窓の交換の際には作業性が極めて良好なイメージセンサ技術を提供する。
効果 バンク部よりも低い位置に窓面を配置しているため、マークシートと窓部とが非接触な状態で読取りが可能なため、マークシートとの接触が原因となる摩耗による白濁、損傷が防止できる。
技術概要
窓部を通じて読取り媒体に印刷または書き込まれた文字、記号または図形を光学素子により読み取るイメージセンサ装置であって、前記窓部の窓面に対して前記読取り媒体が非接触となるよう前記窓部の外方位置に窓面から鉛直方向に突設されたバンク部及び前記窓部を一体成形してなるガイドブロックと、前記窓部の上方に配置された加圧ローラとを備え、該加圧ローラが、その軸方向両端に当該加圧ローラよりも大径のローラガイドを備えており、このローラガイドの周面が前記バンク部の一部としての突き当て部と接触しながら加圧ローラが回転することにより、窓部上の媒体を加圧搬送するイメージセンサ装置。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT