データ保護機能を有する携帯端末装置

開放特許情報番号
L2012002263
開放特許情報登録日
2012/8/8
最新更新日
2012/8/8

基本情報

出願番号 特願2001-253211
出願日 2001/8/23
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2003-067134
公開日 2003/3/7
登録番号 特許第3560237号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 データ保護機能を有する携帯端末装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 データ保護機能を有する携帯端末装置
目的 タッチパネル式入力装置の性能の向上を図ること。
タッチパネル式入力装置のスペースを有効に活用できるようにすること。
タッチパネル式入力装置の耐ノイズ性を高めること。
装置のセキュリティを高めること。
効果 タッチパネル式入力装置の入力スペースを有効に活用できる。また、装置の誤動作を防止できる。さらに、装置が無断で開けられたか否かが分かるので、例えば、装置が開けられたことを検出したなら、装置内部に記憶されているデータの読み出しができないようにしてデータを保護することができる。また、簡素な構成の保護機構を実現できる。
技術概要
表示装置と、前記表示装置の上部に配置され、前記表示装置の表示領域外の対応する領域に第1のスイッチを設けたタッチパネルと、前記タッチパネルの上部に設けられ、前記タッチパネルの第1のスイッチをオン、オフさせるキーと、前記タッチパネルのスイッチであって、携帯端末装置のケースの突起により押圧される位置に設けられ、前記突起により押圧された状態のときオンまたはオフ状態となる第2のスイッチと、前記第2のスイッチがオン状態か、あるいはオフ状態かにより前記携帯端末装置が分解されたか否かを判断し、前記携帯端末装置が分解されたものと判断した場合に、内部に記憶されているデータを読み出せなくする制御手段とを備えるデータ保護機能を有する携帯端末装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT