エレベータの制御装置

開放特許情報番号
L2012002223
開放特許情報登録日
2012/7/26
最新更新日
2012/7/26

基本情報

出願番号 特願2007-119689
出願日 2007/4/27
出願人 株式会社エレベータ研究所
公開番号 特開2008-150208
公開日 2008/7/3
登録番号 特許第4189013号
特許権者 株式会社エレベータ研究所
発明の名称 エレベータの制御装置
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 エレベータの制御装置
目的 行先階入力手段によって入力される行先階呼びに基づいて、応答順序を決定し、平均サービス完了時間を短くすることができるエレベータの制御装置を提供する。
効果 逆呼びに応答する場合であっても、反転して走行する時間を短くすることができる。これによって全体として、平均サービス完了時間を従来の技術よりも短くすることができる。したがって制御手段の演算負荷を可及的に小さくし、かつ平均サービス完了時間を短くすることができるエレベータの制御装置を実現することができる。
乗客は、応答順序を認識することができる。したがって乗客は、自分がいつ降車するのかを前もって認識することができる為、逆呼びに応答する構成であっても、乗客は安心してエレベータを利用することができる。
技術概要
エレベータ1の制御装置3では、乗客の行先階を入力する行先階入力部5を含み、制御部11は、各行先階入力部5によって入力された複数の行先階呼びを6つのグループに分割し、エレベータの位置と方向とに基づいて応答順序を決定する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT