売上データ印字装置

開放特許情報番号
L2012002195
開放特許情報登録日
2012/7/25
最新更新日
2012/8/29

基本情報

出願番号 特願平10-217763
出願日 1998/7/31
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2000-048103
公開日 2000/2/18
登録番号 特許第3764968号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 売上データ印字装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 売上データ印字装置
目的 ECRやPOS端末装置のみで容易に伝票の認証処理が実現可能な売上データ印字装置を提供する。
効果 一連の取引処理毎に入力される売上データは、レシート印字手段により、レシートを印字されると共に、当該売上データの伝票番号と対応づけられて記憶手段に記憶され、認証伝票を要する売上データであれば、認証伝票印字手段により、前記伝票番号別に認証伝票が印字される。このため、前記認証伝票印字手段により、前記記憶手段に記憶された売上データを認証伝票として印字することが可能であり、ECRに組み込まれている通常のサーマルプリンタで容易に売上データ及び伝票の認証処理が実現できる。
技術概要
伝票番号及び取引対象と対応づけられた一連の取引処理で入力される売上データを印字する売上データ印字装置において、前記伝票番号及び取引対象と対応づけて一連の取引処理毎に売上データを記憶する記憶手段と、
この記憶手段に記憶された取引処理毎の売上データに基づいてレシートを印字するレシート印字手段と、前記記憶手段に記憶された取引処理毎の売上データのうち、前記取引対象が所定種類の売上データに基づいて、前記伝票番号別に認証伝票を印字する認証伝票印字手段と、を具備したことを特徴とする売上データ印字装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 一連の取引処理毎に入力される売上データをレシートに印字すると共に、売上データの伝票番号と対応づけられて記憶手段に記憶され、認証伝票を要する売上データであれば、認証伝票印字手段により、伝票番号別に認証伝票を印字する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT