動画処理装置及び記録媒体

開放特許情報番号
L2012002179
開放特許情報登録日
2012/7/25
最新更新日
2012/7/25

基本情報

出願番号 特願平11-154061
出願日 1999/6/1
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2000-348185
公開日 2000/12/15
登録番号 特許第3882396号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 動画処理装置及び記録媒体
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 動画を処理する動画処理装置及び記録媒体
目的 任意の数フレームの色域を移動検査対象としてサンプリングすることにより、多数のフレームから構成される動画データを再生成する際の処理工数とコストを低減する動画処理装置及び記録媒体を提供する。
効果 動画合成に不必要な色域を検出することなく、適確かつ効率的に所望の色域を抽出できる。このため、多数のフレームから構成される動画データを再生成する際の処理工数とコストを低減することができる。加えて、必要に応じて検出対象となる色域を微調整することが可能となり、初期値による検出に比べてより適切な色域を検出することができる。
また、必要なフレームを任意に選択することが可能となり、所望の色域を迅速に検出することができる。
技術概要
複数の静止画フレームから構成される動画データの中から任意の数のフレームを動画検出の対象として選択するフレーム選択手段と、このフレーム選択手段により選択されたフレームの中から色が近似する色域を当該フレームごとに抽出する色域抽出手段と、この色域抽出手段により抽出された第1のフレーム内の色域の位置に対して、第2のフレーム内の同一の色域の位置が移動したか否かを判定する判定手段と、この判定手段により第2のフレーム内の前記色域の位置の移動が判定された場合、当該色域を動画の対象として検出する色域検出手段と、前記色域検出手段により検出された色域を画像データとして表示する色域表示手段と、この色域表示手段に表示された色域に基づいて、前記色域検出手段の検出対象となる色域内の色の近似の度合いを示す近似率を任意の値に設定する近似率設定手段と、この近似率設定手段により設定された色域を画像データとして表示する設定色域表示手段と、を備えたことを特徴とする動画処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 複数静止画からなる動画データから、任意の複数静止画フレームを選び、その各フレーム毎に近似する色域を抽出し、色域が移動していれば動画部分と見なす。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT