カメラ装置

開放特許情報番号
L2012002158
開放特許情報登録日
2012/7/25
最新更新日
2012/7/25

基本情報

出願番号 特願平10-124612
出願日 1998/5/7
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開平11-317896
公開日 1999/11/16
登録番号 特許第4144766号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 カメラ装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 被写体を撮像し、その撮像信号をメモリに記憶するカメラ装置
目的 他者を撮影するために使用するシャッタ釦と自己を撮影するために使用するシャッタ釦を備えるカメラ装置にあって、撮影者が意図しない不用意なシャッタ釦の操作による撮影ミスを防ぐことができるカメラ装置を提供する。
効果 撮影者が不用意に撮影態様に対応しない撮影指示手段を操作して撮影ミスが生じるという不都合を解消できる。
また、撮影態様に応じて撮像画像を表示することができて、撮影時に被写体の撮影位置合せが容易にでき、便利であり、撮影ミスにつながるような不都合を確実に防止することができる。
技術概要
撮影の指示に基づいて撮像手段により撮像された撮像信号を、内蔵する画像メモリ26に記憶するカメラ装置において、カメラ装置の外面の異なる位置に配設され、操作されることによって撮影の指示を入力するシャッタ13a,13bと、撮影者が他者を撮影する第1の撮影モードと撮影者が自己を撮影する第2の撮影モードとを設定するためのセンサと、第1の撮影モードが設定されたときにはシャッタ13aの操作のみを有効とし、第2の撮影モードが設定されたときにはシャッタ13bの操作のみを有効とする制御手段とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 自己撮影モード用と他者撮影モード用のシャッターとモニターを設け、その撮影モードに対応したシャッターの操作のみを有効とした。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT