計算装置及び記憶媒体

開放特許情報番号
L2012002156
開放特許情報登録日
2012/7/25
最新更新日
2012/7/25

基本情報

出願番号 特願平10-311054
出願日 1998/10/30
出願人 カシオ計算機株式会社
公開番号 特開2000-137686
公開日 2000/5/16
登録番号 特許第3968493号
特許権者 カシオ計算機株式会社
発明の名称 計算装置及び記憶媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 計算装置及びその計算プログラムを格納する記憶媒体
目的 部分積分や置換積分の数式処理を行い、また演算過程の表示を行うことによりユーザに積分法習得のための教育的効果を与える計算装置及び記憶媒体を提供する。
効果 指定された積分法に応じた計算方法の教育的効果を与えることのできる、実用性の高い計算装置を提供することができる。
演算過程の式が解と共に表示されるため、ユーザに対して教育的に学習効果の高い計算装置を実現することができる。
部分積分演算により演算結果の式中に入力された積分式が表れる場合であっても、部分積分演算を行うことができ、また、ユーザに部分積分法の習得を補助することのできる、実用性の高い計算装置を実現することができる。
技術概要
部分積分法による演算手法を記憶する部分積分法記憶手段と、積分式を記憶する積分式記憶手段と、この積分式記憶手段に記憶された積分式を表示する積分式表示手段と、この積分式表示手段により表示された積分式を、ユーザ操作によって部分積分法の2つの関数に設定する設定手段と、この設定手段により設定された2つの関数に基づいて、前記部分積分法記憶手段に記憶された部分積分法により、前記積分式表示手段に表示された積分式を式のまま演算する部分積分演算手段と、この部分積分演算手段により演算された演算過程の式と、算出された解とを表示する解表示手段と、を備えることを特徴とする計算装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 積分式をユーザが部分積分法の2つの関数に設定すると、記憶された部分積分法によって式のまま演算し、演算過程の式と、算出された解とを表示する。置換積分法についても同様に、ユーザによる関数の指定に基づいて演算し、演算過程の式と算出された解とを表示する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT