光無線通信装置

開放特許情報番号
L2012002107
開放特許情報登録日
2012/7/24
最新更新日
2015/12/3

基本情報

出願番号 特願2010-202980
出願日 2010/9/10
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-060499
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5674103号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光無線通信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 追尾機能、光無線通信装置
目的 光ファイバで直結される信号光と信号光に比べ短波長のビーコン光を共通の屈折率光学系で送受信する光無線装置において、収束・発散追尾光方式を採用した場合に、ビーコン光の遮断に伴って光軸を制御する追尾制御系が不安定になるという問題を解決し、ビーコン光の遮断時にも通信回線の維持を図る光無線通信装置を提供する。
効果 相手局からのビーコン光を基準として自局の指向方向を制御する追尾制御のビーコン光遮断時における不安定性を解決するため、正常な追尾が動作している時のビーコン光の到来角変動の履歴から将来の最も確からしい追尾光の到来角を予測し、遮断時にはこの予測値を用いて通信装置の指向方向を安定化する制御装置を備えるので、非常に小型で且つ低価格でありながら安定な回線を保障する光無線装置を提供することができる。
技術概要
ビーコン光の到来方向を基準として送信光の指向誤差を補正する追尾装置のほかに、正常な追尾が動作している時のビーコン光の到来角変動を基に将来の最も確からしい追尾光の到来角を予測する推定装置を追尾装置とは独立に動作させておき、追尾光の遮断時にはこの予測値を用いて光無線通信装置の送信光の指向方向を受信機の方向に正しく指向させる推定装置を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT