音場共有システムおよび最適化方法

開放特許情報番号
L2012002096
開放特許情報登録日
2012/7/24
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-228392
出願日 2010/10/8
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-085035
公開日 2012/4/26
登録番号 特許第5550019号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 音場共有システムおよび最適化方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 音場制御再生システムを用いた、音場共有システムおよび最適化方法
目的 新規な、音場共有システムおよび最適化方法を提供する。
効果 第2所定数のラウドスピーカを第3所定数に低減するとともに、第1所定数のマイクロホンを第4所定数に低減するので、畳み込み処理の負荷およびデータ量を低減することができる。したがって、リアルタイムに、畳み込み処理およびデータの伝送を行うことができ、音場を共有することができる。
技術概要
音場共有システム10は、サーバ12を含み、サーバ12には、或る音場に配置されるマイクロホンアレイ14が接続される。マイクロホンアレイ14で収録されサーバ12に与えられた音場データは、逆フィルタとともに畳み込み処理を施され、ネットワーク16を介して、コンピュータ18、20に伝送される。コンピュータ18、20は、それぞれ、音場データをスピーカアレイシステム22、26に出力する。したがって、音場が再現される。このようなシステムにおいて、グラムシュミットの直交化法により、ラウドスピーカ230の数を低減し、さらに、それに応じてマイクロホンの数を低減する。したがって、畳み込みの処理およびデータ伝送量が低減され、リアルタイムに処理および伝送が実行される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT