無線通信ネットワーク間の干渉防止システム及び方法

開放特許情報番号
L2012002095
開放特許情報登録日
2012/7/24
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2010-230615
出願日 2010/10/13
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-085164
公開日 2012/4/26
登録番号 特許第5598980号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線通信ネットワーク間の干渉防止システム及び方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信ネットワーク間の干渉防止システム及び方法
目的 干渉防止のための処理フローをより簡略化させる。
効果 複数の無線通信ネットワークが同一空間で互いに干渉することなく共存する上で、極めて簡単な処理フローで実現することができ、システムにかかる負荷を軽減させることが可能となる。
技術概要
無線端末と通信制御装置とをそれぞれ備える無線通信ネットワーク20及び無線通信ネットワーク30が同一空間に存在する場合に互いの通信干渉を防止する際に、無線通信ネットワーク20内において無線端末DEV2が、通信先の無線端末DEV1の周囲を干渉フリーゾーンとすべき旨の要求信号を第1のNC21へ送信し、上記要求信号を受信した第1のNC21により無線端末DEV1の可干渉レベルを第2のNC31へ送信し、第2のNC31により、無線通信ネットワーク30内の各無線端末について最大通信レベルを算出し、算出した最大通信レベルが第1のNC21から送信された可干渉レベルを超える無線端末DEVについては、その通信レベルを下げるか又は通信を停止させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT