電気光学効果を示すゲル状ポリマーデバイス及びその製造方法

開放特許情報番号
L2012002056
開放特許情報登録日
2012/7/23
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2012-055891
出願日 2012/3/13
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2013-190547
公開日 2013/9/26
登録番号 特許第5986402号
特許権者 国立大学法人信州大学
発明の名称 電気光学効果を示すゲル状ポリマーデバイス
技術分野 情報・通信、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ゲル状ポリマーデバイス及びその製造方法
目的 エネルギー損失が小さく、新しい用途に応用できる電気光学効果を示すゲル状ポリマーデバイス及びその製造方法を提供する。
効果 本発明に係るゲル状ポリマーデバイス及びその製造方法によれば、ゲル状ポリマーデバイスを構成するゲル状高分子材料がイオン伝導性高分子材料や導電性高分子材料でなくても、印加されたバイアス電圧によって誘起される超常誘電特性が電気光学効果をもたらす。その結果、その電気光学効果を示すゲル状ポリマーデバイスは、光学駆動素子に応用したり、電場による屈折率制御材料に応用したりすることができる。そして、こうしたゲル状ポリマーデバイスは、エネルギー損失が小さく、新用途に期待できる機能素子として利用できる。
技術概要
電気光学効果を示す高誘電性ゲル状高分子材料と、該ゲル状高分子材料にバイアス電圧を印加する電極とを有し、前記ゲル状高分子材料の比誘電率が0.01Hzで1×10↑4以上であることを特徴とするゲル状ポリマーデバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT