環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法

開放特許情報番号
L2012002038
開放特許情報登録日
2012/7/19
最新更新日
2015/4/23

基本情報

出願番号 特願2010-208452
出願日 2010/9/16
出願人 東日本旅客鉄道株式会社、国立大学法人北海道大学
公開番号 特開2012-064035
公開日 2012/3/29
登録番号 特許第5697233号
特許権者 東日本旅客鉄道株式会社、国立大学法人北海道大学
発明の名称 環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 環境情報計測装置、環境情報計測システム、及び環境情報計測方法
目的 被測定対象箇所の環境情報を測定できる低消費電力な環境情報計測装置、環境情報計測システム及び環境情報計測方法を提供する。
効果 被測定対象箇所の環境情報を低消費電力な回路構成で測定することができる。
技術概要
電源部20は、環境情報収集装置51から受信した電波を基に電源の電力を生成する。サーミスタRSMは、環境(温度)に応じてインピーダンスが変化する回路素子である。そして、最初に、第1のスイッチSW1を閉、第2のスイッチSW2を開とし、電源部20によりコンデンサCを充電する。次に、第1のスイッチSW1を開、第2のスイッチSW2を閉とし、サーミスタRSMを通してコンデンサCの放電を開始する。その後、計時部40により、コンデンサCの電位が所定の基準電圧Vrefになるまでの時間(サーミスタの温度により変化する時間)を、計測データとして測定する。この計測データを、通信部10により環境情報収集装置51に送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT