流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム

開放特許情報番号
L2012002018
開放特許情報登録日
2012/7/19
最新更新日
2014/7/31

基本情報

出願番号 特願2010-023385
出願日 2010/2/4
出願人 国立大学法人北海道大学
公開番号 特開2011-163774
公開日 2011/8/25
登録番号 特許第5532220号
特許権者 国立大学法人北海道大学
発明の名称 流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 流体の速度を検出する流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システム
目的 気泡生成の動力の低減と摩擦抵抗低減効果の向上とを両立させることが可能な流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システムを提供する。
効果 気泡生成の動力の低減と摩擦抵抗低減効果の向上とを両立させることが可能な流体モニタリング装置およびそれを用いた船体摩擦抵抗低減システムを提供することができる。
気泡を用いた摩擦低減手法の効率を向上させることで、タンカーなど大型船舶に対して燃費の向上をもたらし、二酸化炭素の排出量を削減できる。
技術概要
この流体モニタリング装置1は、船舶の底部7に取り付けられて底部7周辺の流体をモニタリングする流体モニタリング装置であって、超音波の送受信面3aが底部7に沿った面7aに対して斜めになるように固定された複数の圧電式の超音波プローブ3を含むセンサ部10と、超音波プローブ3によって検出される信号を処理する信号処理部4と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT