外部共振器半導体レーザ装置

開放特許情報番号
L2012001934
開放特許情報登録日
2012/7/10
最新更新日
2015/6/26

基本情報

出願番号 特願2012-086997
出願日 2012/4/6
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-219124
公開日 2013/10/24
発明の名称 外部共振器半導体レーザ装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 外部共振器半導体レーザ装置
目的 従来技術に存する問題を解決して、光学素子の位置を微調整するための位置微調器具を用いずに外部共振器を作製することを可能にする。
効果 光学素子のアライメントを精密に調整しなくても、半導体レーザ素子から出射され部分反射ミラーで反射されたレーザ光を半導体レーザ素子の内部に戻すことができ、位置微調器具を設ける必要性を低減させることが可能となる。
さらに、本発明は機械的な安定性の高い外部共振器半導体レーザ装置への需要を満たすために非常に重要である。
技術概要
外部共振器半導体レーザ装置10は、半導体レーザ素子14と、コリメートレンズ16と、集光レンズ18と、部分反射ミラー20とを備え、半導体レーザ素子14から出射されるレーザ光を半導体レーザ素子14と部分反射ミラー20との間で共振させると共に、共振するレーザ光の一部を部分反射ミラー20を通して出力する。さらに、半導体レーザ素子14、コリメートレンズ16、集光レンズ18、部分反射ミラー20をそれぞれ固定的に保持する保持具26,28,30,32が設けられており、これら保持具が基板12上に固定されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT