コンテンツ制作サーバ、コンテンツ提示装置、コンテンツ制作プログラム、及びコンテンツ提示プログラム

開放特許情報番号
L2012001854
開放特許情報登録日
2012/6/22
最新更新日
2012/6/22

基本情報

出願番号 特願2006-253991
出願日 2006/9/20
出願人 日本放送協会、財団法人エヌエイチケイエンジニアリングサービス
公開番号 特開2008-078864
公開日 2008/4/3
登録番号 特許第4865469号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツ制作サーバ、コンテンツ提示装置、コンテンツ制作プログラム、及びコンテンツ提示プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 視聴者毎のニーズに対応して高精度なコンテンツの提示を実現するためのコンテンツ制作サーバ、コンテンツ提示装置、コンテンツ制作プログラム、及びコンテンツ提示プログラム
目的 視聴者毎のニーズに対応して高精度なコンテンツの提示を実現する。
効果 視聴者毎のニーズに対応して高精度なコンテンツの提示を実現することができる。
従来では、コンテンツ用の台本と対話シーン用の台本とは、個別のデータとして扱っていたが、本手法ではコンテンツの台本とコンテンツに関連する対話シーン用の関連情報(台本)とを1つのデータとして扱うことができる。したがって、コンテンツに関連する対話シーン用の関連情報をコンテンツ制作時に同時制作することができる。また、本発明におけるコンテンツは、番組に限定されず、音楽、映画、テキスト情報等、あらゆるコンテンツに適用することができる。
技術概要
対話型のコンテンツを制作し、制作したコンテンツをコンテンツ提示装置に送信するコンテンツ制作サーバにおいて、前記コンテンツ及び前記コンテンツに関連する対話シーン用の関連情報を含む台本データを生成するためのコンテンツ・対話シーン生成手段と、前記コンテンツ・対話シーン生成手段により得られる台本データを前記コンテンツ提示装置に送信する送信手段とを有し、前記コンテンツ・対話シーン生成手段は、予め設定された条件に基づいて前記台本データをシーン毎に分割することにより、上記課題を解決する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT