生理活性ペプチド

開放特許情報番号
L2012001767
開放特許情報登録日
2012/6/18
最新更新日
2013/9/18

基本情報

出願番号 特願2012-509689
出願日 2011/4/6
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2011/126054
公開日 2011/10/13
発明の名称 生理活性ペプチド
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 神経調節作用を有するペプチド、当該ペプチドを含む医薬ないし食品
目的 副作用がほとんど或いは全くない抗不安、鎮静、睡眠改善などの作用を有する薬剤及び食品を提供すること。
効果 本発明のペプチドまたはその類縁体を有効成分とする抗不安薬、睡眠障害治療薬、統合失調症治療薬、抗うつ薬、或いはこれら疾患の予防薬は、副作用が低く長期の服用に適し、従来の抗不安薬とは異なる作用メカニズムを持っている可能性があり、新しいタイプの薬剤、食品を提供できる。
技術概要
Val−Tyr−Leu−Pro−Arg、Tyr−Leu−Pro−ArgおよびLeu−Pro−Argなどの「Leu−Pro−Arg」を共通の配列として含む短鎖ペプチドが強力な抗不安、鎮静などの作用、プロスタグランジン類の活性化およびGABAA受容体を活性化する作用を有することを見出し、本発明を完成した。
Val−Tyr−Leu−Pro−Arg、Tyr−Leu−Pro−ArgおよびLeu−Pro−Argからなる群から選ばれる少なくとも1種のペプチド又はその類縁体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT