水鳥製シャトルコックのリサイクル製品

開放特許情報番号
L2012001761
開放特許情報登録日
2012/6/15
最新更新日
2012/6/15

基本情報

出願番号 実願2011-007869
出願日 2011/12/27
出願人 スカイ合同会社
登録番号 実用第3175765号
特許権者 スカイ合同会社
発明の名称 水鳥製シャトルコックのリサイクル製品
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 水鳥製シャトルコックのリサイクル製品
目的 羽軸の強度不足で再度の損傷を招く等の耐久性を改善する水鳥製シャトルコックのリサイクル製品を提供する。
効果 羽根(15)の羽軸を第2の連結糸(8)と第1の連結糸(7)の間にて接合面(5)を形成してなる第1の羽軸と隣接する正常な羽根と同様な正常な羽毛(2)を有する第2の羽軸(3)の接合面(12)とを接合棒(6)を介して勘合固定したことで、羽軸を比較的に細くすることもなく、強度上有利である。
接合棒(6)を第2の連結糸よりも上方へ突設させたことにより接合強度が向上し、表面を粗面形状としたことにより羽軸の抜けが防止できる。また、合成樹脂製としたことにより、金属に比べて軽量であり水鳥製の羽軸と近い重量となるので好ましい。
技術概要
コルクよりなる半球ベース9の上端面10に羽毛に向かって台形状の羽軸を有する羽根15を円錐状に組み合わせて、第1の連結糸7と第2の連結糸8で周方向に羽軸を連結固定してなる水鳥製シャトルコックの羽根または羽軸の損傷を修復してなる水鳥製シャトルコックのリサイクル製品において、前記羽根15の羽軸を第2の連結糸8と第1の連結糸7の間にて接合面を形成してなる第1の羽軸と、隣接する正常な羽根と同様な正常な羽毛2を有する第2の羽軸3の接合面とを接合棒6を介して勘合固定したことを特徴とする。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 スカイ合同会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT