画像特徴抽出装置

開放特許情報番号
L2012001760
開放特許情報登録日
2012/6/14
最新更新日
2012/6/14

基本情報

出願番号 特願2008-238788
出願日 2008/9/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-072889
公開日 2010/4/2
登録番号 特許第4950970号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像特徴抽出装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像の周波数及び方向を考慮した特徴を抽出する技術
目的 画像の周波数及び方向を考慮した特徴を、従来よりも少ない計算量かつ短時間で抽出することが可能な画像特徴抽出装置を提供する。
効果 画像の周波数及び方向を考慮した特徴を、従来よりも少ない計算量かつ短時間で抽出することが可能となる。
本発明による算出手法では、計算コストがO(N)となる。また、本発明による算出手法では、輝度値の増減が反転しない画素についての演算が不要になる。したがって、画像の周波数及び方向を考慮した特徴を、従来に比べて少ない計算量かつ短時間で抽出することが可能となる。
技術概要
画像の特徴を抽出する画像特徴抽出装置において、前記画像内の注目画素を通過する直線を設定し、前記直線上において輝度値の増減が反転する画素を特定し、前記特定した画素の輝度値、及び前記特定した画素におけるガウス関数の重みに基づいて、前記注目画素の特徴を抽出する、ことを特徴とする画像特徴抽出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT