金属多孔体及び金属多孔体の製造方法

開放特許情報番号
L2012001746
開放特許情報登録日
2012/6/12
最新更新日
2015/12/22

基本情報

出願番号 特願2012-056501
出願日 2012/3/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-189676
公開日 2013/9/26
登録番号 特許第5825598号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 金属多孔体及び金属多孔体の製造方法。
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 金属多孔体及び金属多孔体の製造方法
目的 55%以上99%以下の高い気孔率と0.001mm以上0.15mm以下の平均気孔径を両立する金属多孔体を提供する。
効果 高い気孔率と小さな平均気孔径とを両立させた金属多孔体である。このため、金属の持つ耐熱性、電気伝導性、熱伝導性と、多孔体の有する大きな比表面積、軽量性、流体透過性を両立した金属多孔体とすることができる。
技術概要
気孔率が55%以上99%以下で、かつ、平均気孔径が0.001mm以上0.15mm以下であることを特徴とする金属多孔体、及び、ゲル化可能な水溶性高分子水溶液に金属原料粉末を分散させるスラリー調整工程と、前記スラリー調整工程で得られたスラリーをゲル化、凍結させるゲル化、凍結工程と、凍結体から氷を除去し乾燥体とする乾燥工程と、乾燥体を不活性ガス中で加熱して脱脂する脱脂工程と、酸化雰囲気中で加熱して脱脂する酸化雰囲気脱脂工程と、焼結工程と、を有することを特徴とする金属多孔体の製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT