磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウム

開放特許情報番号
L2012001723
開放特許情報登録日
2012/6/12
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2012-047907
出願日 2012/3/5
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-181025
公開日 2013/9/12
登録番号 特許第5920820号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウム
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウム、この製造方法、オレフィンのジヒドロキシル化反応用触媒
目的 オレフィンのジヒドロキシル化反応に際し、オスミウムのリーチングの少ない、酸化オスミウム活性種が強固に固定化された磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウムを提供する。
効果 本発明に係る磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウムは、オレフィンのジヒドロキシル化反応における触媒として有効であり、反応終了後磁石に引き寄せることにより容易に回収でき、また再利用も可能である。
磁性ナノ粒子固定型オスミウム(VI)酸塩よりもジヒドロキシル化反応におけるオスミウムの溶出(リーチング)が抑えられ、実用性が高い。
ジヒドロキシル化反応用触媒として有用であり、これを用いることにより溶媒中において効率的にオレフィンのジヒドロキシル化反応を促進させることができる。
技術概要
 
一般式(I):下記、イメージ図参照

(式中、R↑1は炭素数が1〜4のアルキル基である。sは1〜6のいずれかの整数、uとvはいずれかが1でいずれかが0である。)
で表される酸化オスミウムが、当該一般式中のSiに結合する3つのR↑1−O−基の少なくとも1つが磁性ナノ粒子中の酸素原子と置き換わることにより、当該磁性ナノ粒子に固定化された構造を含有する、磁性ナノ粒子固定型酸化オスミウム。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT