米及び/又は米粉を原料として含有する米配合パン生地の製造において、製パン性の悪さ、及び老化の早さ、等の問題を解消し、通常の小麦粉100%のパンの製造の際の製造設備や工程をほぼそのまま適用できる技術の提供

開放特許情報番号
L2012001711
開放特許情報登録日
2012/6/11
最新更新日
2015/12/22

基本情報

出願番号 特願2010-244992
出願日 2010/11/1
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2012-095578
公開日 2012/5/24
登録番号 特許第5828628号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 米配合パン生地、これを用いて得られる米配合パン、及びこれらの製造方法
技術分野 食品・バイオ、生活・文化、有機材料
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、加圧・減圧
適用製品 従来の小麦粉パンよりも製パン性(膨張性等)がよい米配合パン生地が提供される。米配合パン生地を用いて得られるパンは、製パン性に優れ(膨張性がよい、やわらかい)、老化が遅く、通常の小麦粉100%のパンよりも優れているパンが提供できる
目的 米及び/又は米粉を原料として含有する米配合パン生地の製造において、製パン性の悪さ、及び老化の早さ、等の問題を解消し、従来の小麦粉100%パン以上に高め、通常の小麦粉100%のパンの製造の際の製造設備や工程をほぼそのまま適用できる技術を提供する。
効果 従来の小麦粉パンよりも製パン性(膨張性等)がよい米配合パン生地が提供される。前記米配合パン生地を用いて得られるパンは、製パン性に優れ(膨張性がよい、やわらかい)、老化が遅く、通常の小麦粉100%のパンよりも優れているパンが提供される。また、食感がソフトでふっくら感があり、かつ甘みもある。さらに、上記の効果は、酵素等の特殊な添加剤を添加しなくとも得られる効果である。
技術概要
 
米及び/又は米粉をこの米又は米粉の重量に対し2倍量(重量換算)以上の水と共に加熱して得られる糊化物を含有する米配合パン生地。米及び/又は米粉を、米又は米粉の重量に対し2倍量(重量換算)以上の水と共に加熱して糊化物を得てこの糊化物を配合する米配合パン生地の製造方法。この米配合パン生地を用いる米配合パンの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT