集合型井戸管

開放特許情報番号
L2012001679
開放特許情報登録日
2012/6/6
最新更新日
2013/6/26

基本情報

出願番号 特願2011-233365
出願日 2011/10/4
出願人 太田 良三
公開番号 特開2013-079559
公開日 2013/5/2
登録番号 特許第5013147号
特許権者 太田 良三
発明の名称 集合型井戸管
技術分野 生活・文化、その他
機能 その他
適用製品 管内面に異物が附着しやすい蒸気、熱水及び水を取出す井戸
目的 効率よく洗浄することにより長年月稼働しうる井戸を得ようとするもの。
効果 本発明の集合型井戸管を使用し、井戸よりの汲上げを行うと共に定期的に洗浄作業を行うことによって、大幅に井戸の寿命を延ばすことが可能になる。
集合型井戸管は、より多量の汲上げが可能であり、より多くの砂利を収納することができるため、より多量の蒸気、熱水、及び水を汲上げることが可能となる。
技術概要
多数の線状の流入用隙間3を設けた管2を数本結束して集合型井戸管1を形成して汲上げ作業を行うと共に、その中の一本の管2−1に圧力水を送込んで、この管の流入用隙間3及びその周辺の砂利層4の隙間を急速に通過させることにより、そこに付着した堆積物を押流して両隣りの管2−2、2−3の流入用隙間3を通じて、その管内に送込みこれを地上に押返し、この洗浄作業を他の管にも行って、全管即ち集合管の流量を復活する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 太田 良三

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT