ポリアセタールを主材とする複合材およびその製造方法

開放特許情報番号
L2012001629
開放特許情報登録日
2012/5/29
最新更新日
2013/7/29

基本情報

出願番号 特願2011-249965
出願日 2011/11/15
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2013-104111
公開日 2013/5/30
発明の名称 ポリアセタールを主材とする複合材およびその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ポリアセタールを主材とする複合材およびその製造方法
目的 無電解めっきだけの1段階のめっきですみ、コストの低減化が図れるとともに、摩擦・摩耗特性の向上が図れるポリアセタールを主材とする複合材およびその製造方法を提供する。
効果 無電解めっきだけの1段階のめっきですみ、工数を減らせ、コストの低減化が図れるとともに、摩擦・摩耗特性の向上が図れるポリアセタールを主材とする複合材およびその製造方法を提供できる。
技術概要
無電解めっきだけの1段階のめっきですみ摩擦・摩耗特性の向上が図れるポリアセタールを主材とする複合材は、粗面化処理したポリアセタール樹脂成形物上に、カーボンナノチューブ(CNT)を含みトリメチルステアリルアンモニウムクロリドを分散剤とした無電解めっき浴による無電解めっき皮膜が形成されていることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 特許権譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT