放電加工のフラッシング方法

開放特許情報番号
L2012001624
開放特許情報登録日
2012/5/28
最新更新日
2012/5/28

基本情報

出願番号 特願2006-282719
出願日 1999/1/28
出願人 株式会社ミツトヨ
公開番号 特開2007-007857
公開日 2007/1/18
登録番号 特許第4551384号
特許権者 株式会社ミツトヨ
発明の名称 放電加工のフラッシング方法
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 放電加工装置
目的 放電加工において、放電液体中の溶解屑を効率的に排出する。
効果 ワークに形成された穴が深い場合でも放電加工の加工効率を徒に低下させることなく確実に溶解屑を排出することができる放電加工のフラッシング方法を提供する。
技術概要
スピンドルを磁気アクチュエータでスラスト方向に移動させてワークと加工ツールとの間隔を調整すると共に、超音波キャリア発生回路からの信号によりスピンドルを超音波振動させ、放電液体内に超音波キャビテーションを起こさせて溶解屑を排出する。超音波振動は、例えば放電用の電圧パルスが印加されていない期間に実施される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 競合他社(製品)へのライセンスは原則行いません。 技術指導は原則行いません。

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 加工穴底に存在する溶解屑はさらに効率よく排出される。

登録者情報

登録者名称 株式会社ミツトヨ

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 4068254
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT