多素子空間光変調器およびこれを備えた映像表示装置

開放特許情報番号
L2012001612
開放特許情報登録日
2012/5/24
最新更新日
2012/5/24

基本情報

出願番号 特願2006-239828
出願日 2006/9/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-064825
公開日 2008/3/21
登録番号 特許第4939149号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 多素子空間光変調器およびこれを備えた映像表示装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 光を明暗2状態の中間状態に変調可能な空間光変調器およびこれを備えた映像表示装置
目的 高速応答で光を明暗の中間状態に変調できる多素子空間光変調器を提供する。
効果 高速応答で光を明暗の中間状態に変調でき、微細化の程度や信頼性を高めることができる。
所望の性能を有した光変調素子を製造し易くなる。
応答を高速化でき、表示される映像の画質を向上できる。
技術概要
多素子空間光変調器は、画素20中において画素20に流れる電流の方向および/または大きさに基づいて変化する磁化の強さによって、レーザ光源から入射する光を変調して出射するものであって、画素20中に、形状磁気異方性の異なる2種類の光変調素子13(13a,13b)を備え、一方の光変調素子13だけが磁化反転することによって画素20中において生成される磁化状態に対して、光の明状態と暗状態の中間状態を割り当てたことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT