鉄含有複合リン酸フッ化物、その製造方法、及びそれを正極活物質として用いた二次電池

開放特許情報番号
L2012001589
開放特許情報登録日
2012/5/18
最新更新日
2016/5/24

基本情報

出願番号 特願2012-026025
出願日 2012/2/9
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-163602
公開日 2013/8/22
登録番号 特許第5900852号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 鉄含有複合リン酸フッ化物、その製造方法、及びそれを正極活物質として用いた二次電池
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 二次電池の電極活物質
目的 従来よりも高容量特定を示す二次電池用電極活物質、その製造方法、及びそれを正極活物質として用いた二次電池を提供する。
効果 一般式Li↓xNa↓yFePO↓4F(0≦x<2、0<y<2、0<x+y≦2)で表される鉄含有複合リン酸フッ化物を二次電池の正極活物質として使用することによって、LiFePO↓4等のオリビン型リン酸系ポリアニオンを用いた従来の正極よりも、容量が大きい二次電池を実現することができる。
簡単で、量産化に適する。また、本鉄含有複合リン酸フッ化物は、資源的に豊富なFe系の材料であり、環境への負荷が小さい。
技術概要
電極活物質は、一般式Li↓xNa↓yFePO↓4F(0≦x<2、0<y<2、0<x+y≦2)で表される鉄含有複合リン酸フッ化物である。この鉄含有複合リン酸フッ化物は、Li、Na、Fe、PO↓4及びFのモル比がx:y:1:1:1(0≦x<2、0<y<2、0<x+y≦2)となるように、Li源物質、Na源物質、Fe源物質、PO↓4源物質、及びF源物質を混合した混合物を、加熱等により化学反応させることにより製造する。二次電池は、この鉄含有複合リン酸フッ化物を正極活物質として含み、リチウム又はナトリウムを負極活物質として含む。これによって、オリビン型リン酸系ポリアニオンを用いた従来の正極よりも、容量が大きい二次電池を実現することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT