発光素子

開放特許情報番号
L2012001564
開放特許情報登録日
2012/5/17
最新更新日
2012/5/17

基本情報

出願番号 特願2006-132694
出願日 2006/5/11
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-305783
公開日 2007/11/22
登録番号 特許第4933832号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 発光素子
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 複数の燐光材料を用いた発光素子
目的 発光効率が良好であるとともに発光色が安定である発光素子を提供する。
効果 発光効率が良好であるとともに発光色が安定である発光素子を提供することができる。
技術概要
第1の電極と第2の電極の間に、三重項エネルギーが異なる複数の燐光材料を含む発光層が形成されてなる発光素子であって、前記発光層の形成に用いる複数の燐光材料のうち、三重項エネルギーが高い高エネルギー燐光材料の発光寿命は、三重項エネルギーが低い低エネルギー燐光材料の発光寿命よりも長いことを特徴とする発光素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT