セラミックス膜、発光素子及びセラミックス膜の製造方法

開放特許情報番号
L2012001534
開放特許情報登録日
2012/5/14
最新更新日
2012/5/14

基本情報

出願番号 特願2007-129294
出願日 2007/5/15
出願人 国立大学法人島根大学
公開番号 特開2008-285339
公開日 2008/11/27
登録番号 特許第4921242号
特許権者 国立大学法人島根大学
発明の名称 セラミックス膜、発光素子及びセラミックス膜の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 表面処理、材料・素材の製造、その他
適用製品 セラミックス膜とその製造方法並びに当該セラミックス膜を発光膜とする発光素子
目的 低抵抗なセラミックス膜とその製造方法を提供する。
効果 結晶構造が六方晶の金属化合物相を主体としたセラミックス膜が実質的にa軸配向性を有しているので、電気特性や磁気特性等に優れたセラミックス膜を提供することができる。
また、特定範囲の粒形態を有する金属化合物粉末を用いてエアロゾルデポジション法で成膜することにより上記セラミックス膜を極めて容易に形成することができる。
技術概要
式X/Y≧1(ここで、X:前記セラミックス膜のa軸に直交するいずれかの結晶面のうちのX線回折強度の中の最大値、Y:前記金属化合物からなる粉末のX線回折強度が最大値となる結晶面と同一の結晶面における前記セラミックス膜のX線回折強度)を満足する結晶構造が六方晶の金属化合物相を主体としたセラミックス膜を、アスペクト比が2〜7の範囲の柱状粒子を個数比で5〜30%含む金属化合物粉末を気体と混合してエアロゾルを形成し、減圧雰囲気でエアロゾルをノズルから被成膜体へ噴射し被成膜体に形成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT