ICタグを抄き込んだ和紙の製造装置

開放特許情報番号
L2012001530
開放特許情報登録日
2012/5/14
最新更新日
2013/2/19

基本情報

出願番号 特願2010-207734
出願日 2010/9/16
出願人 有限会社 小畑製紙所
公開番号 特開2012-062599
公開日 2012/3/29
登録番号 特許第5160605号
特許権者 有限会社 小畑製紙所
発明の名称 ICタグを抄き込んだ和紙の製造装置
技術分野 繊維・紙、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 ICタグを抄き込んだ和紙の製造装置およびその和紙の製造方法、特に、ICタグを抄き込んだ和紙を製造するためのICタグ転写装置
目的 ICチップとアンテナを備えたICタグを含むテープ片を、ベース紙とカバー紙間に一定の間隔で定位置に抄き込んだ和紙の製造装置を提供する。
効果 和紙の製造方法においては、不正目的でICタグを別のタグと交換される危険を防止することが出来る。このICタグを抄き込んだ和紙用紙を用いて書類や本などを構成すれば、ページの抜取りや改竄等を防ぐことができ、当該和紙を一定のサイズに分切して用紙に分割してもICタグ、ICテープ片の占める面積は小さく、和紙用紙の美観を損ねず、用紙のICタグ等による浮き出し部分も小さくて済む。また、ベース紙に凹溝を形成し、テープを嵌めて一体化させてカバー紙を抄き合わせても、和紙用紙の美観を損ねずに済み、装飾として利用することも出来る。
技術概要
ICタグを抄き込んだ和紙の製造装置100は、第1シリンダー110と、第2シリンダー112と、この順に和紙を搬送するフェルト150と、ICテープ巻き出しリール120と、第1シリンダー110と第2シリンダー112間にフェルト150と近接させて配置し、ICテープ巻き出しリール120からICテープ2を巻き出すICタグ転写装置10と、を含む。第1シリンダー110を回転させて帯状のベース紙210を作りフェルト150に付着させ、該ベース紙210にICタグ転写装置10がICテープ2を裁断して転写させ、第2シリンダー112を回転させることによってカバー紙220を作ると共に、該ベース紙210に抄き合わせて該裁断されたICテープ2を挟み込む。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT