受信装置

開放特許情報番号
L2012001524
開放特許情報登録日
2012/5/11
最新更新日
2012/5/11

基本情報

出願番号 特願2008-276423
出願日 2008/10/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-109413
公開日 2010/5/13
登録番号 特許第4928525号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 放送を受信する受信装置において、受信異常を検知したときに検知した受信異常に関する情報を、放送の受信障害情報を収集する障害情報収集装置に送信する受信装置
目的 受信障害が発生したときに、受信障害の原因を自動的に判定し、障害情報収集装置に多大な負荷をかけることなく障害情報の通知を行う受信装置を提供する。
効果 サーバへのアクセスの負荷を抑制することができ、放送の受信異常のみならず、異常が発生した際にそれが受信装置の個別の障害であるのか、受信装置のソフトウェアの不具合といった広範囲に及ぶ障害であるのか、といった原因を自律的に把握することができ、受信装置の個別の障害である場合には放送事業者などへの問い合わせを抑制することができる。
受信装置での放送波の受信レベルの測定は、分析した障害情報の信頼性を担保することができ、更に広範囲に影響が及ぶ受信障害が発生したときにも受信装置のみでも障害を分析して把握することができる。
技術概要
受信装置1は、放送の受信状態の異常を検知して受信異常検知情報を作成する受信異常判定手段31を備え、複数の受信装置1の中で最初に受信異常を検知した場合にのみ、複数の受信装置1の代表として受信装置リスト格納手段57に格納された受信装置リストに登録された他の受信装置1から受信異常検知情報を収集し、受信異常判定手段31で受信障害の解析を行って受信障害情報を作成し、通信情報処理手段40で受信障害情報を障害情報収集装置に送信する。また、他の受信装置1から受信異常検知情報の要求があった場合には、自受信異常検知情報を要求元の他の受信装置1に送信するだけで、残りの受信装置1とは受信異常検知情報の交換は行わない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT