音像形成装置

開放特許情報番号
L2012001519
開放特許情報登録日
2012/5/11
最新更新日
2012/5/11

基本情報

出願番号 特願2006-185585
出願日 2006/7/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-017117
公開日 2008/1/24
登録番号 特許第4928177号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音像形成装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 音像形成装置に係り、特に、奥行き方向の音像定位を改善することのできる音像形成装置
目的 奥行き方向の音像定位を改善できる音像形成装置を提供する。
効果 聴取位置を中心とする半径r↓iの球面に沿って配置された3個以上のスピーカにより構成される少なくとも2層のスピーカ層を設けることにより、奥行き方向の音像定位を改善することができる。
技術概要
聴取位置を中心とする球面上に配置されたスピーカ(SP)により構成されるSP層111、112を含む音響信号出力手段11と、音響信号の定位位置を指定する手段12と、音響信号出力手段11に含まれるSPの配置情報を記憶する手段13と、定位位置およびSP配置情報に基づいて定位位置に音像を形成する音像形成音響信号を生成する手段14とを含み、該手段14は、SP層ごとに音像形成音響信号を放射するSPを選択する手段141と、該SPが出力する音像形成音響信号の出力レベルを決定する手段142と、該SPが出力する音像形成音響信号の遅延時間を決定する手段143と、該SPに遅延時間遅延した出力レベルの音像形成音響信号を音響信号出力手段11に出力する手段144とを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT