地上デジタル放送波受信装置

開放特許情報番号
L2012001474
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2007-259634
出願日 2007/10/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-089307
公開日 2009/4/23
登録番号 特許第4914321号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 地上デジタル放送波受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 地上デジタル放送波受信装置に関わり、受信信号が地上デジタル放送波の信号であるか、または、ワンセグ信号を連結して再送信した信号であるかを識別する受信装置。
目的 受信信号が地上デジタル放送波の信号であるか、またはワンセグ信号を連結して送信した信号であるかを識別することにより、処理負担を軽減し処理時間を短縮可能な地上デジタル放送波受信装置を提供すること。
効果 受信信号が地上デジタル放送波の信号であるか、または、ワンセグ信号を連結して送信した再送信信号であるかを、AC信号またはTMCC信号のキャリア配置パターンに基づいて識別することができる。これにより、受信信号を復調する際に、受信信号に応じた処理が可能となり、その処理負担を軽減し処理時間を短縮することが可能となる。
技術概要
相関係数算出回路501が、地上デジタル放送波の信号の周波数上に予め配置されたAC信号またはTMCC信号と実際に受信した信号との間の相関、及び、連結再送信信号の周波数上に予め配置されたAC信号またはTMCC信号と実際に受信した信号との間の相関を求め、判定回路502が、その相関が大きい方を特定し、受信信号が地上デジタル放送波の信号であるか、連結再送信信号であるかを識別する。これにより、受信信号の種類に応じた受信処理が可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT