アンテナ装置

開放特許情報番号
L2012001421
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2007-126758
出願日 2007/5/11
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-283532
公開日 2008/11/20
登録番号 特許第4829840号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 アンテナ装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 電波の放射方向を広範囲に変更することができるアンテナ装置。
目的 簡易な構成で電磁波の放射方向を90度以上の広範囲に変更することができるアンテナ装置を提供すること。
効果 本発明に係るアンテナ装置は、簡易な構成で電波の放射方向を90度以上の広範囲に変更することができるという効果を有し、電波の放射方向を広範囲に変更することができるアンテナ装置等として有用である。
技術概要
アンテナ装置10は、電波を空中に放射する誘電体線路11と、電波を入力する円形導波管12と、円形導波管12の出力側に接続されたホーン13と、誘電体線路11の外周に装着され、誘電体線路11の周壁面からの電波の漏れ量を低減させる中空円柱体14とを備え、誘電体線路11は、円柱形状の表面にリング状の金属ストリップ11aが所定間隔で設けられ、電波の伝播方向に沿って表面形状が周期的に変化する形状となっており、金属ストリップ11aが設けられた誘電体線路11の周壁面に、誘電体製の中空円柱体14を装着した場合と、装着しない場合とで、電波の放射方向θを90度以上の広範囲に変更することができるようにした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT