映像合成装置および映像合成プログラム

開放特許情報番号
L2012001420
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2007-115795
出願日 2007/4/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-276299
公開日 2008/11/13
登録番号 特許第4871200号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像合成装置および映像合成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 カメラにより撮影したカメラ映像(実写映像)と、コンピュータグラフィックス(CG)処理により生成したCG映像とを合成する映像合成装置および映像合成プログラム。
目的 カメラにより撮影したカメラ映像と、コンピュータグラフィックス(CG)処理により生成したCG映像とを合成するに際して、カメラ情報を得るための検出用マーカとして、安定的に検出・消去が可能なマーカを備えた映像合成装置および映像合成プログラムを提供する。
効果 カメラ映像と、CG映像とを合成する際に、カメラ映像のフレーム画像の同期信号に同期して光源を点滅させるマーカ手段を用いたカメラ情報を得ることで、実写映像とCG映像とを合成し、より安定的に確実に自然なCG合成画像を生成することができる。
技術概要
映像合成装置1は、検出用マーカとして、実空間に複数個LED光源の組を配置し、カメラ映像のフィールド画像に同期して、オン(点灯)とオフ(消灯)とを交互に繰り返して点灯または消灯させることを特徴とするものであって、マーカ点灯制御手段4と、オブジェクト位置検出手段5と、カメラ情報抽出手段6と、CG映像生成手段7と、カメラ映像記憶手段8と、オブジェクト消去手段9と、実写・CG映像合成手段10と、テンプレート記憶手段11と、CGデータ記憶手段12と、を備える構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT