トリミング制御装置及びトリミング制御プログラム

開放特許情報番号
L2012001412
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2009-291219
出願日 2009/12/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-118065
公開日 2010/5/27
登録番号 特許第4921543号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 トリミング制御装置及びトリミング制御プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 トリミング制御技術
目的 表示画面が小さい端末等にコンテンツを表示する場合、自然なカメラワークを実現し、視認性を損なわない画面を表示可能なトリミング制御装置及びトリミング制御プログラムを提供すること。
効果 本発明は、注目するオブジェクト座標をそのままトリミング座標として用いるのではなく、注目するオブジェクトの進行方向等を考慮してトリミング座標を決定し、当該トリミング座標を用いてトリミング処理を行う。これにより、表示画面が小さい端末等にコンテンツを表示する場合、自然なカメラワークを実現し、視認性を損なわない画面を表示することが可能となり、トリミング映像は見やすいものとなる。
技術概要
トリミング制御装置10が外部から映像及び参照データを入力すると、注目オブジェクト座標検出部12は、入力した参照データに基づいて注目オブジェクト座標を検出する。平滑化処理部13は、注目オブジェクト座標を入力すると、所定フレーム数のオブジェクト座標を記憶する。そして、平滑化処理部13は、記憶したオブジェクト座標に基づいて移動平均を算出し、この移動平均の値をトリミング座標に決定する。トリミング処理部11は、入力した映像のオリジナル画面から、トリミング座標を中心とした所定の大きさの画面を切り出し、トリミング画面を生成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT