誤り傾向学習音声認識装置及びコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2012001380
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2007-050175
出願日 2007/2/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-216341
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4852448号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 誤り傾向学習音声認識装置及びコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 誤り傾向学習音声認識装置及びコンピュータプログラム
目的 音声認識装置による認識結果と、それを修正した正解を用いて認識結果の誤り傾向を統計的に学習し、将来における音声認識の認識誤りを削減する。
効果 音声認識を行った結果出力される正解候補および正解から音声認識の誤りの傾向を統計的に学習し、学習の結果得られた統計的モデルを用いて音声認識における認識誤りを排除することによって認識率の向上を図ることが可能となり、修正オペレータの負荷を軽減することも可能となる。
技術概要
音声認識装置は、入力音声に対して出力された複数の正解候補それぞれについて、尤もらしさを評価するスコアを算出し、スコアが最も高いものを音声認識結果とする。修正装置は、オペレータの操作に基づいて音声認識結果を正解に修正し、誤り傾向学習装置は、音声認識結果の誤り傾向を、音声認識装置の出力する正解候補および修正装置から得られた正解に基づいて統計的に学習し、誤り修正モデルを生成する。音声認識装置は、生成された誤り修正モデルを用いて尤もらしさの評価のスコアを変化させ、認識結果の誤りを自動的に修正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT