パラメータ情報作成装置及びパラメータ情報作成プログラム、並びに、イベント検出装置及びイベント検出プログラム

開放特許情報番号
L2012001360
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-356572
出願日 2006/12/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-165636
公開日 2008/7/17
登録番号 特許第4764332号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 パラメータ情報作成装置及びパラメータ情報作成プログラム、並びに、イベント検出装置及びイベント検出プログラム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 パラメータ情報作成装置及びパラメータ情報作成プログラム、イベント検出装置及びイベント検出プログラム
目的 客観的に、最適なイベント検出結果を得ることができるイベント検出装置及びイベント検出プログラム、並びに、これらに用いるパラメータ情報を作成するパラメータ情報作成装置及びパラメータ情報作成プログラムを提供する。
効果 映像データに含まれる被写体の位置情報から、被写体の平均位置や速度等の特徴量情報を作成し、この特徴量情報を用いて予め設定したパラメータ学習方法により、パラメータ情報を作成しているので、統計モデルに付随する客観的なパラメータ情報を得ることができる。そして、このパラメータ情報をイベント検出装置に利用することで、客観的に、最適なイベント検出結果を得ることができる。また、マルコフ連鎖モンテカルロ法を用いることで、高次元、且つ、複雑な統計モデルに付随するパラメータ情報を、適切に、複数個、得ることができる。
技術概要
パラメータ自動獲得装置1は、スポーツ映像情報から検出するイベントの生起確率を算出する際に用いる統計モデルに付随するパラメータ情報を作成するもので、スポーツ映像記録部9と、選手位置追跡部11と、特徴量加工部13と、パラメータ獲得部15と、パラメータ記録部17と、を備える構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT