ユーザ認証サーバ、ユーザ管理サーバ、ユーザ端末、ユーザ認証プログラム、ユーザ管理プログラム及びユーザ端末プログラム

開放特許情報番号
L2012001352
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-190618
出願日 2006/7/11
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-022145
公開日 2008/1/31
登録番号 特許第4809723号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ユーザ認証サーバ、ユーザ管理サーバ、ユーザ端末、ユーザ認証プログラム、ユーザ管理プログラム及びユーザ端末プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ユーザの個人情報を秘匿化した情報に基づいてユーザ認証を行う技術。
目的 ユーザ情報を登録した事業者Aとは異なる事業者Bから、事業者Aに登録したユーザ情報に基づいてユーザ認証を受ける際に、事業者Bにはユーザ情報を開示することなくユーザ認証を受けることができるユーザ認証技術を提供する。
効果 ユーザは、ユーザ認証サーバにユーザ情報を開示することなくユーザ認証を受けることができると共に、識別情報が盗聴されても、ユーザ情報自体が漏洩することがなく、情報セキュリティを向上することができる。また、他人がユーザになりすました場合の誤認証を防止することができる。
ユーザ管理サーバの負荷の増大を防ぐことができる。識別情報から元のユーザ情報を知られることがなく、かつ適切にユーザ認証を行わせることができる。古い識別情報に基づく誤ったユーザ認証を行なうことを防止することができる。
技術概要
ユーザ管理サーバは、自ら記憶するユーザ情報中の所定の情報を秘匿化処理して第1識別情報を生成すると共に、所定の情報としてとりうる予め定めた一定の値を用いて秘匿化処理して第2識別情報を生成し、それぞれユーザ認証サーバとユーザ端末とに送信する。ユーザ端末は、送信され記憶しておいた第2識別情報を秘密鍵Ksで暗号化してユーザ認証サーバに送信する。ユーザ認証サーバは、送信された暗号化第2識別情報を公開鍵Kpで復号化し、得られた第2識別情報と、送信され記憶しておいた第1識別情報とを検証することでユーザ認証を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT