マトリクス型ディスプレイ駆動装置、それを用いた電界放出型ディスプレイ、およびプラズマディスプレイパネル

開放特許情報番号
L2012001344
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-163780
出願日 2006/6/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-333887
公開日 2007/12/27
登録番号 特許第4856478号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 マトリクス型ディスプレイ駆動装置、それを用いた電界放出型ディスプレイ、およびプラズマディスプレイパネル
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、その他
適用製品 マトリクス型ディスプレイ駆動装置、それを用いた電界放出型ディスプレイ、およびプラズマディスプレイパネル。特に、マトリクス型ディスプレイを駆動するマトリクス型ディスプレイ駆動装置、それを用いた電界放出型ディスプレイ、およびプラズマディスプレイパネル。
目的 走査線本数が増加しても輝度が低下せず、また、従来方法では走査が困難なほどの走査線本数においても走査が可能なマトリクス型ディスプレイ駆動装置、それを用いた電界放出型ディスプレイ、およびプラズマディスプレイパネルを提供することを目的とする。
効果 走査線本数が増加しても輝度が低下せず、また、従来方法では走査が困難なほどの走査線本数においても走査が可能となる。
技術概要
データ電極15aと基板10の間に、光導電層14と、透明電極13と、X方向に延在するストライプ状で互いに異なる波長の光を透過する複数種類のフィルタ12a〜12cと、X方向と直交しY方向に延在するストライプ状の導波路11a〜11cを設け、データ電極を導波路とフィルタの交点位置のサブピクセル毎に分割し、導波路に入射した波長の光が複数種類のフィルタのいずれかを透過し前記光導電層に入射して抵抗値を減少させ、透明電極に印加されたデータ電圧を所望のデータ電極に印加する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT