音声認識装置及び音声認識プログラム

開放特許情報番号
L2012001308
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-239747
出願日 2006/9/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-064815
公開日 2008/3/21
登録番号 特許第4796460号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音声認識装置及び音声認識プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 入力音声を認識する音声認識装置及び音声認識プログラム
目的 背景雑音以外の要因による信頼度の低下に対応することができ、探索仮説間の尤度分布を考慮し、音声認識する際の認識精度を維持することができる音声認識装置及び音声認識プログラムを提供する。
効果 算出したエントロピーに基づいて、音響スコアの重み付けを変更しているので、自由発話中の音素の脱落や訛り等の発声変形等の背景雑音以外の要因による信頼度の低下に対応することができ、探索仮説間の尤度分布を考慮し、音声認識する際の認識精度を維持することができる。
クラスタリングしたクラスタの代表点におけるエントロピーを算出することで、似通った探索仮説が多数存在することに起因する音響スコアの重みの低下を防止することができ、音声認識する際の認識精度を維持することができる。
技術概要
音声認識装置1は、特徴ベクトル算出手段3によって、入力音声の音響特徴量を算出し、エントロピー算出手段11によって、音響特徴量の出力確率である音響スコアから、探索仮説の各ノードにおける各時刻のエントロピーを算出する。そして、音声認識装置1は、信頼度算出手段13によって、エントロピーから、各時刻における音響スコアの重み付けを変更する基準となる信頼度を算出し、音響スコア重み付け変更手段15によって、信頼度に基づいて、音響スコアの重み付けを変更する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT