データベース管理装置及びデータベース管理プログラム

開放特許情報番号
L2012001306
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-240778
出願日 2006/9/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-065485
公開日 2008/3/21
登録番号 特許第4809736号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 データベース管理装置及びデータベース管理プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 データベースを管理するデータベース管理装置及びデータベース管理プログラム
目的 データベースが漏洩してしまっても、当該データベースに収められているデータがどのようなものであるかということを秘匿することができるデータベース管理装置及びデータベース閲覧端末、並びに、データベース管理プログラム及びデータベース閲覧プログラムを提供する。
効果 順序変更データベースが漏洩しても、元通りの対応関係を知り得ることがないので、当該データベースに収められているデータがどのようなものであるかということを秘匿することができる。
不正な第三者が入手してしまっても、当該第三者は、暗号処理のみ解除すれば、当該データベースにおけるデータの正確な対応関係が判明したと判断する可能性が高くなり、その結果、実際に当該データベースに収められているデータがどのようなものであるかということを秘匿することができる。
技術概要
データベース管理装置1は、複数の項目が対応付けられているデータベースに入力された当該項目に関するデータを、当該項目間におけるデータの対応関係が秘匿されるように管理するものであって、項目関数テーブル蓄積手段7と、変更整合手段9と、順序変更データベース蓄積手段13と、端末種別判定手段17とを備えた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT