ホログラム再生装置およびホログラム記録再生装置

開放特許情報番号
L2012001304
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2012/5/8

基本情報

出願番号 特願2007-081655
出願日 2007/3/27
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-242023
公開日 2008/10/9
登録番号 特許第4863913号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ホログラム再生装置およびホログラム記録再生装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 高密度多重記録が可能なホログラム再生装置およびホログラム記録再生装置。
目的 ページデータの再生像に重畳されるモアレパターンを低減して、該再生像の信号対雑音比を大幅に改善し得るホログラム再生装置およびホログラム記録再生装置を提供する。
効果 モアレが重畳された、信号が符号化されてなる任意の該ページデータの再生像である第1再生像と、該モアレと同一のモアレが重畳された、全画素白色のページデータの再生像である第2再生像とを取得し、該第1再生像を該第2再生像により除算するようにしており、モアレ部分は1(もしくは定数)に均一化される一方、その他の部分は、信号が符号化されたページデータの情報が、均一化されずに維持された状態とされるので、信号が符号化されたページデータの情報を維持したまま、モアレを低減することができる。
技術概要
記録媒体12から再生像除算手段21に入力されたページデータは、ページデータ評価器101において、白色表示ページデータと判断されると記憶領域102に格納され、信号符号化ページデータと判断されると除算演算器103に順次入力される。信号符号化ページデータは記憶領域102に格納されているページデータにより除算される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT