クロマキー装置

開放特許情報番号
L2012001300
開放特許情報登録日
2012/5/8
最新更新日
2014/9/11

基本情報

出願番号 特願2005-332732
出願日 2005/11/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2007-142726
公開日 2007/6/7
登録番号 特許第4866065号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 クロマキー装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 背景が複雑な色を有する場合にも高速かつ正確にキー信号を生成することができるだけでなく、容易にキー値を変更できるクロマキー装置。
目的 背景が複雑な色を有する場合にも適切なキー信号を高速に生成することのできるクロマキー装置を提供する。
効果 前景画像を合成対象画像と削除領域とに分離するキー値を前記前景画像の画素値を引数として記憶するキー値探索表を設けることにより、背景が複雑な色を有する場合にも高速にキー信号を生成することが可能という効果を有するクロマキー装置を提供できる。
技術概要
本発明に係るクロマキー装置1は、前景画像FIを合成対象画像OIと削除領域RAとに分離するキー値Kを前景画像FIの画素PXの画素値Cを引数として記憶するキー値探索表LUTを作成するキー値探索表作成手段10と、前景画像FIの画素PXの画素値Cを引数としてキー値探索表LUTを探索し、当該画素PXに対応するキー値Kを決定するキー値決定手段14とを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT